入浴のすすめ

クナイプのバスソルトは、クナイプ療法(5本の柱)をベースにして生まれました。
入浴を通して植物(ハーブ)と天然岩塩の作用を、
肌と呼吸の両方から効果的に吸収できます。

植物(ハーブ)と天然岩塩の作用(ハーブの種類によって個々の製品の作用は異なります。)

身体への作用

  • 血行を促進させ、腰痛、肩こり、筋肉のはりを緩和し、肉体の疲労を回復する。
  • 風邪、のどの痛み、喘息気管支炎、花粉症などの呼吸器官障害を緩和する。

心への作用

  • 自律神経の活性化などを通じて、気分をリフレッシュさせる。
  • 心の高ぶりやいらつきを落ち着かせ、リラックスに導く。
  • リフレッシュとリラックスを通して、おだやかな睡眠を誘う。

肌への作用

  • 発疹、あせも、にきびなどができた肌を清潔にし、荒れた肌を整える。
  • 皮膚を柔軟にし、乾燥肌にしっとりと潤いをもらたす。
  • 新陳代謝の促進や紫外線のダメージをいたわり、美肌づくりをサポート。

入浴の作用

温熱作用

  • 血行を促進する。
  • 新陳代謝を促進し、体内の不純物を排出させる。
  • 筋肉の疲れや痛みを緩和する。

水圧作用

  • 水圧による刺激で呼吸機能を高める。

浮力作用

  • 浮力により体を軽くし、普段では動かせない箇所を動かしやすくする。

心理作用

  • 心身の緊張や疲労を取り除く。

クナイプバスソルトの使用方法

ポイント1

バスソルトはお風呂のお湯が1/3ぐらい溜まってから入れてください。お湯の勢いで拡散させながら入れていきます。

ポイント2

-850gボトルの場合:内キャップ一杯(左図)
-600gボトルの場合:キャップ半分(右図)

ポイント3

お湯の温度は38~40℃が目安です。
ややぬるいかなと感じるくらいのお湯に10~15分、ゆっくり入浴するのがコツ。
20~30分の半身浴もおすすめです。

ポイント4

目を閉じてゆっくり深呼吸。湯船から立ち上る蒸気をゆっくり吸い込めば、エッセンシャルオイルがじんわり体に取り込まれます。

ポイント5

お風呂から上がっても、シャワーで洗い流してしまわないで、そのままバスタオルで水分を拭き取るようにするのもおすすめ。
岩塩の膜が熱の放散を防ぎ、保温効果が長く続きます。

Q&A

Q1. 岩塩による浴そう、風呂釜への影響はありませんか?
ありません。ただし、ご使用後は浴そうや風呂釜内部、循環孔のフィルターなどを材質に適した洗剤でよく洗い流してください。
Q2. 24時間風呂、ジェットバスに使用できますか?
機種によっては使用できない場合もあります。ご使用の際は、機種の『取扱説明書 』をよくお読みください。
機種によって異なりますが、濾過装置にバスソルトが付着し、フィルターの目詰まりなどの原因になる場合があります。ご不明な点は給湯器のメーカーに確認される事をお勧めします。
Q3. どんな材質の浴そうでも使用できますか?
日本で一般的に使用されている、強化プラスチック(FRP)、ホーロー、ステンレス、ポリの浴そうにはお使いいただけます。ただし、大理石や木製の浴そうでのご使用は色移りの恐れがあるためご遠慮下さい。
Q4. お風呂の追い炊き、沸かしなおしはしてもよいのですか?
追い炊き、沸かしなおしはできます。お湯を足したりして香りが弱くなった時は、バスソルトを適量追加してください。
Q5. 赤ちゃんがクナイプのお風呂に入っても大丈夫ですか?
生後3か月を過ぎると赤ちゃんのお肌も安定し、クナイプのお風呂に入っても通常は問題ありませんが、個人差がありますので、満1歳を過ぎてからの入浴をおすすめします。
Q6. 妊娠中でもクナイプのお風呂に入れますか?
通常は問題ありません。ただし、妊娠中はホルモンバランスの変化により皮膚がデリケートになっている場合がありますので、ご心配な方は医師にご相談ください。