クナイプは今年でブランド誕生125周年! History of Kneipp

1891

1891 それは二人の出会いから始まった 【クナイプの誕生】

ドイツのセバスチャン・クナイプ神父は、自らの闘病経験をきっかけに自然の力をベースとするクナイプ療法を確立した、自然療法の先駆者的存在でした。
晩年、同じ信念を抱く薬剤師レオナルド・オーバーホイザーと出会い、クナイプが誕生します。
「自然はすべてを与えてくれる」という互いの哲学が重なり、ハーブや混じりけのない原料を用いた、現在のクナイプ製品につながる調合が生み出されました。
今でも変わらない2人の信念が、125年の長きにわたり世界で愛され続けるクナイプの源になっています。

1897

1897〜 創業期のクナイプ製品

人が本来持っている自然の力に着目するというクナイプ哲学に基づき、植物(ハーブ)の研究と製品開発が進められていき、バス製品、ボディケア製品、ハーブティー、医薬品などが発売されました。ドイツで自然療法の父とも言われるクナイプ神父が、パッケージに大きくあしらわれているのも当時の製品の特徴です。

さらに当時の製品を見る

1970

1950〜 近代のクナイプ

1950年ごろになると、現在日本でも発売されているバスソルトが発売。パッケージもよりモダンになり、現在にも受け継がれているハーブのイラストも登場しています。

さらに当時の製品を見る

1970年代になると、クナイプが人々の暮らしに一層溶け込んできたことが当時の広告からも見て取れます。家族や友人との幸せな時間とともにあるクナイプ、日々の生活のお悩みを解消してくれるクナイプとして、ドイツの人々の暮らしに身近な存在となっていきました。

1970

さらに当時の製品・広告を見る
さらに当時のmムービーを見る

1985

1985 日本上陸

そして1985年、ついにクナイプが海をわたり日本に上陸しました。当時の貴重なパンフレットがこちら。

詳しく見る

上陸時の日本のバスソルトと、当時ドイツで発売されていたバスソルトがこちら。今のバスソルトともよく似ています。ドイツの人が見たら、30年以上前のドイツのデザインが日本で引き継がれてきたということに、驚きと懐かしさを感じるかもしれませんね。この時に発売されたオレンジ・リンデンバウムやラベンダーなどのバスソルトは、パッケージや中身、価格をほとんど変えずに、30年以上の長きにわたるベストセラーとして皆様にご愛用いただいております。

2016 ブランド誕生125周年!

ドイツ、日本を中心に広くヨーロッパやアメリカなど世界各国で展開。 自然をベースにしたトータルハーバルケアブランドのリーダーとして、 高品質かつ革新的な製品を提供し続けています。 クナイプが125周年を迎えられたのも、ご愛用いただいている皆さまのおかげです。 これからも皆さまに愛され続けるブランドとして、より良い製品をお届けしてまいります。