お風呂で花粉症対策を

今年も辛い花粉シーズンがやってきますね。
マスクやゴーグル、飲み薬など、花粉症と戦うためのアイテムがあふれていますが、今回は家のお風呂で手軽にできる花粉症対策をご紹介します。

お風呂で花粉を洗い流す

一歩家の外へ出れば、花粉が顔や髪などに付着します。
花粉症の症状を和らげるためには花粉の除去がまず大切ですので、帰宅後はできるだけ早くお風呂に入り、入念に花粉を洗い流すようにしましょう。
花粉を洗い流すだけの目的ならシャワーでも構いませんが、湯船に浸かることにより体を温めて血流を改善し、鼻づまりの原因でもある鼻の粘膜の充血を一時的に解消する効果も見込めます。

花粉症に効果的なユーカリの香り

コアラが食べることで有名なユーカリ。
ユーカリのエッセンシャルオイルに含まれる「シネオール」という芳香成分は、スーッと爽快な香りが特徴で花粉症の鼻づまり解消に効果を発揮します。
その名のとおりユーカリのエッセンシャルオイルを配合した、「クナイプ バスソルト ユーカリの香り」をお風呂に入れて手軽に花粉症対策をしてみませんか?

湯気の吸入で鼻づまり解消

お風呂は湯気とともに香りが広がるため、手軽にユーカリの有効成分を体内に取り入れることができます。
「ユーカリの香り」のバスソルトを入れたお風呂にゆっくり浸かって、深呼吸するようにたっぷりの蒸気を鼻から吸い込みましょう。
鼻からスーッと爽快な成分が広がって、鼻やノドにさわやかさが広がります。
ユーカリは鼻づまり解消だけでなく免疫を強化する働きもあるので、風邪やインフルエンザの初期症状が気になるときにもお勧めです。

入浴時の注意点

42℃を超える熱いお湯に浸かるとヒスタミンというかゆみの原因物質が発生し、花粉症が悪化する可能性があります。
38〜40℃の少しぬるめのお湯に10〜15分ほど入浴しましょう。

ユーカリのお風呂で、日本のみなさんが少しでも心穏やかに春を楽しめますように。